2024年4月26日特別講演会
西村眞悟先生 『現在日本の最大の政治課題は国軍の創設』

田母神俊雄先生 『日本を取り戻そう』


◆会の主旨◆

   

日本と日本人の歩みを理解し、またその背後に交差した筈の様々な価値観を全体像として捉える力を身につけること。先人の想いを汲み上げながら日本の伝統や文化を、しっかりと次世代に伝えていくためにも、この歴史力の涵養こそが現在の私たちに求められている責務ではないかと思うのです。この研究会の活動を通して、皆さんとその想いを共有していければと願っています。 (高崎 康裕 会長)

 


◆会のはじまり◆

   

本会は2011年12月に第一回目の会合を開催して始まりました。会設立のきっかけは、2011年3月に田母神俊雄前航空幕僚長がニューヨークに来訪され、市内のユニバーシティークラブで講演会を開催されたことにあります。私どもニューヨーク在住の日本人は、氏のユーモアとともに語られる愛国の情、国防の信念、そして日本の歴史や伝統への尊崇の心の熱き思いを共有する機会が与えられました。講演会は、本会の会長を務める高崎康裕氏と彼が経営する建築設計を柱として多様な事業展開を行っているYTリゾリューション社のスポンサーシップによって計画、実行されました。普段から竹島、尖閣諸島、北方領土、従軍慰安婦や南京事件の歴史認識の問題など、祖国日本が抱える諸問題に接するたびに、日本人として日本を愛し、近隣諸国とのやりとりに歯がゆい思いを抱いていたニューヨーク在住の有志が集って話し合い、日本の歴史認識に関する勉強をする研究会を発足させることとなったのでした。初回の会合の際、歴史に限らず広範囲の分野で造詣が深く、人格高潔なる高崎康裕氏が衆議一決で初代会長に選ばれました。 (大島 襄 代表幹事)

   

◆6月例会のご案内

今月の例会ですが、今月は「日本は植民地拡大の野望を以て中国大陸を侵略し、それが日米の大戦に繋がった」という、戦後定着した歴史観について考えてみたいと思います。

日本は満州事変から支那事変を経て、中国大陸での泥沼の抗争に引き込まれていきました。
そして、それが結果として日米開戦にまで繋がっていくことになります。ただその経緯を振り返りますと、日本は決して「侵略の意図をもって中国大陸に進出したものではない」ことが明らかになってきます。
また、長期化する国民党との抗争を早期に終結させるべく、和平交渉も合意寸前にまで至っていました。では、何故その交渉は纏まらず、戦火は拡大していったのでしょうか。
また、陸軍の前線部隊そのものが希求した和平交渉であったにも拘らず、それが不調となった背景には、どのような動きがあったのでしょうか。

今回は、日本が中国大陸に進出した経緯はどのようなものであったのかを辿りながら、社会党出身の村山首相が戦後50周年の終戦記念日に発表した村山談話内で国家の反省として表明された、「日本は侵略国家であった」という非難が果たして正しかったのかを、改めて考えてみたいと思います。(高崎)

****** ****** ****** ****** ******
第103回例会/令和6年6月例会要領
開催日 :  令和6年6月27日(木曜日)
会  場 :  日系人会ホール(49 West 45th Street, 5th Floor, New York, NY 10036)
演  題 : 日本は侵略国家であったのか -満州進出から支那事変への経緯と、和平交渉不調の背景を振り返る-
開  場: 17:45 (軽食を用意しますので、講演開始までご自由にお召し上がり下さい)
時 間: 18:30 ~20:30 
講  師 : 高崎 康裕 (会長)
会 費 :  一般会費30ドル(会員20ドル) 初回参加無料

**会員年会費は100ドルです。前半と後半に2回に分けて、50ドルずつお支払い頂くようにお願いいたします。**

会費のお支払いは現金、チェック、Venmo、Zelleになりますが、チェックの場合は宛名Rekikenでお願いいたします。

Venmo(https://venmo.com/u/rekiken-ny)の場合は「お名前、6月例会費」をWhat’s this for? にご記載ください(電話番号下4桁9677です)。

Zelle: rekishikenkyuny@gmail.com

更新情報